なぜ私はお米が好きなのか

私が大好きな秋田こまちとは

秋田こまちとは秋田県の主に秋田県の県北で栽培されている日本、東北が誇るお米ブランドである。秋田こまち、秋田小町などと表記されているが、正しくは「あきたこまち」である。

 

あきたこまちとは、日本のイネの栽培品種の1つである。1984年に秋田県の奨励品種に採用された。秋田県が独自の良食味品種を目指して開発した品種であるが、そもそもの由来が福井県交配種子を用いて育成されたため、種苗法による品種登録はされていない。

 

そのため、知的財産としての裏付けはなく、隣県の岩手県をはじめ、関東、中四国、九州地方まで広く栽培されている[1]。1991年には作付面積10万haを越え、以降は作付面積2-4位と上位を維持している。2005年度の作付面積は約13万ha、順位は第4位である[2]。東北地方に限れば、ひとめぼれについで作付面積2位である。

 

お米のイメージ図

 

あきたこまちは、各地域により通常のあきたこまちより厳しい基準で選別されています。中でも特においしいと地域で人気なのが羽後(うご)地域のあきたこまちなのです。
その理由が
 ・ 整粒歩合(米の粒の整い具合)75%以上〜80%未満
 ・ タンパク質含有率(硬さ要因となる)6.2%前後
 ・ 選別工程では大粒のみを選別する1.95mmメッシュを使用(通常は1.8mmメッシュ)
これらの厳しい基準をクリアし、ひと粒ひと粒が大きくふっくらと炊き上がる高品質米だけが「JAうご産あきたこまち」として市場に出荷されています。

 

私は毎日2食以上はお米を食べています。なによりお米を食べたあとのパワーがすごい。私の趣味は食事以外に金融、資産運用。このお米を食べることががこれらの趣味がうまくいくパワーの源がお米なのです。

 

最近知ったクレジットカードを使った電話占いがすごかった

最近電話占いにはまっている。株もFXもうまくいかない。運勢が悪いのだろう。そこでいろいろな占いサービスを試してみた。ライン占い、水晶占いなどさまざまま。その中でいいと思ったのが電話占いだ。3分占い師に鑑定してもらって数百円を払うだけ。課金はクレジットカードで簡単にできる。AUやdocomoなどのキャリア経由でも決済できるよう。

 

占いのイメージ図

 

クレジットカードで利用するだけで日々のポイントも貯まるのでかなりお得だ。結局ここ3か月間毎月1万円くらい使っている。占い師の肩に相談でき気分が晴れ晴れするのでお得といえばお得だろう。結局は自分が満足するかどうかで決まるのだろうと思う。是非クレジットカードと電話占いの最強コラボで日々の生活を楽しんでいこうと思います。

 

おすすめクレジットカードを探すなら
はじめてクレジットカードを作る方はもちろん、2枚目を検討している方にも各クレカのメリットや基本情報を比較していただき、納得してカード申込みができるような情報を随時ご紹介しています。クレジットカード詳細

 

私の電話占いリエル
電話占いリエルでは、あなたの不安を包み込み、一緒に解決へと導いていく占い師がいつでもあなたを待っています。安心してご利用いただけるよう、事前に購入した金額分のポイントが無くなった時点で電話が自動的に切れるサービスです。なぜ私は電話占いを始めたのか